2013年1月13日 (日)

千年の森セミナー

上勝町にある千年の森で広葉樹の育林に9年前から取り組んでいます。
ボランティアによるもので、29団体が活動をしています。
自分が所属するのはにこにこ木工クラブ(にこ木)。

さて、今回のセミナーでは、活動報告や講演以外に、これらの団体の活動が評価され表彰されるので楽しみに参加しました。
実は、にこ木は前回に見事、金賞を取っているのです!連覇なるか、と期待していきましたが結果は銅賞。
でも、立派な賞をいただき大満足です。
金賞を受賞していた団体は、活動も活発で、丁寧な作業ができていました。さすがです。

さて、今回、金銀銅のほかに「どうしてもあげたかったで賞」というのが2団体ありました。
1つ目は、団体といってもメンバーが減り、参加者も減り、おばあさん一人でずっと千年の森に通い山の手入れをしていた方です。
この方は車を持たず、なんと、鳴門市から上勝の山奥までバスと徒歩で通い、作業をし、また山を下りてバスで帰るという涙ぐましい努力を続けているのです。話を聞いて思わず目頭が熱くなりました。
バスだって集落までしかこないから、そこから現場まで歩いてくるだけでも疲れそう。一度、山で倒れたおばあさんを見つけて助けたことがあるっていう体験談も語ってくれました。

さて、もう1つの団体も気合いの入ったグループです。千年の森ができる前からずっと高丸山に通っており、千年の森構想(伐採跡地に広葉樹を植え、千年かけて従来あったような自然の山にする)ができた頃には、ほんなんできるか、って文句を言っていたそうな。
でも、その文句を言っていた人が一番熱心に山に通い、炎天下で草刈りをしていたそうです。そして、自分たちの区画の一番いい場所にケヤキを植えて「木陰ができるようになったらここで飯を食おう」と語っていたそうです。でもその方が他界され、ほかのメンバーが意志を引き継ぐようにがんばっているのです。
今は、努力の甲斐あって木陰もできるようになりました。「道の近くにあるので、どこのだれでも木陰を使ってください」という暖かい言葉にまた心があつくなりました。今度そこを通るときは、ぜひ木陰で休ませていただきます。

さて、千年の森の育林活動も9年が経ち、下草刈りのステージは終わりつつあります。これからは、混み合った木を間引いたり、巻き付いたつるを切ったり、植えた木がもっと立派に育つようにお手伝いをする時期です。天然林のように仕立てる林業技術は確立しておらず、まさに手探りで千年の森という壮大なプロジェクトが進められていくのです。

2007年1月14日 (日)

竹林整備~にこ木編~

新年あけて最初の農林業活動はにこ木でした。(にこにこ木工クラブといいながらなぜか植林活動や里山林整備をやっている。)

にこ木では知りあいの知りあいの竹林を間伐することになりました。冬晴れの気持ちのいい日曜日。早起きして冷たい空気がとっても気持ちが良かったですね。

真冬だけあって四国といえども寒いんですよ。でもチェーンソーで竹を切り倒しナタで枝払いし林の外へ運び出しているとすぐに汗をかくほどあったまるんです。

070114_3   070114_2

今日は、この竹林所有者のお気遣いで休憩時間にあったか~いおでんとぜんざいをいただきました。体の中から暖まりました。ごちそうさま。

さて、なぜ竹林整備かといった小難しい内容は別記事に書いたので、ちょっと長めですけど興味があれば覗いてみてください。

2006年10月21日 (土)

フェアに出展

いよいよ山と木と緑のフェアが開幕!

ところが・・・急用ができてしまって、朝から当番のはずが午後からになりました。

先週作った丸太のいす、昼頃行ってみると「あ、朝すぐに売れたよ」と店番の人に。うれしいようなさみしいような。店頭に並ぶ我が作品を見ぬままどこかへ買われてしまったのね。聞くところによると人の良さそうなオッちゃんが買うて帰ったみたいで。大事に使ってもらえばそれでいいです。

Fair2006 元々作品が少なかったので、俺が行ったときはこんな感じでした。脱臭用の竹炭、コルクボード、ポット苗などを販売しています。

ちなみにもう1品の我が作品。キンメイチク。観賞用の竹です。

Kinmeichiku くり抜いているのは、どこにでもある(というか最近猛繁殖しているモウソウチク)。主役は小さいけれどその中の小鉢に入っているかぐや姫みたいなちっちゃな竹。これがキンメイチク。実はこれも3鉢用意してたんだけど、行ったときには一番小さなのしか残ってなかったんです。次回はもっとたくさん用意しとこっと。

2006年10月14日 (土)

山と木と緑のフェアにむけて

農繁期も終わり、久々に木工活動に参加してきた。

来週の土日は市内の公園で山と木と緑のフェアが開催されるので、今日はそこに出品する作品作り。

久々の木工で勘が鈍っていたけど、なんとか丸太のいすを作り上げました。

0610141 材料はこの丸太。

0610142 チェーンソーで荒削り。

0610143 サンダーで磨いていちお完成。

まだまだ修行が足りないので仕上がりが雑な気もしますが、それも味があってよし!

このほかにも会員の方がプレートや竹で作った鉢に花を植えたり、いろんな作品ができました。来週が楽しみです。

2006年7月22日 (土)

千年の森 下刈り

天気が危ぶまれたけど、今日はよく晴れました。早朝より千年の森の下刈り作業に出かけました。ちなみにこの作業は植林した樹木の成長を促すための育林作業です。

ほんとは曇ってくれてたら一番楽なんだけどね。太陽光がさんさんと降り注ぎ、めっちゃ暑かったです。

いつもなら10人くらいのメンバーでやってるんだけど、今回は参加者が少なく一人当たりの割り当てが多くなり大変でした。下刈りってのはもっとも過酷な作業で服を搾ったらぽとぽとしずくがしたたり落ちるほど汗かきます。

今回の作戦として“坪刈り”作戦。全部刈ってたらとても間に合わないので植林木の周りだけ刈るという方法。でも結局夕方時間切れで来週以降に持ち越しになりました。

0722sitagari 荒くたい刈り方だけど、こんな感じに仕上がってます。

さてさて、作業を終えて帰り際、おっちゃんたちが車を止めて遠くを眺めてる。なんやろう?って聞いてみると「鹿がおる」。

え?どこどこって感じで探したけど全然わからん。視力2.0なんだけどね。おっちゃんに「あそこに道があってそこ右に行って切り株があるやろ。その下あたりや。」って教えてもらって「うーん、確かに茶色い物体は見えるけどほんまに鹿?」

双眼鏡があったので確認すると、おー!確かにバンビちゃんが休憩してるではないか!それより驚いたのは、言われてもよくわからんのにこのおっちゃんは肉眼で見つけている。いったいどういう視力しとんじゃ?

デジカメの最大ズームで撮ったんでみなさんもバンビちゃんを捜してみてください。

Whereisdeer

2006年5月 6日 (土)

千年の森 植樹

千年の森の植樹も3年目。補植で50本を植えました。植えたのはイタヤカエデ

8人もいたので50本くらいすぐ終わってしまい、なんか山に弁当を食べに来ただけみたい。まさに遊山ですね。

Sennenshokuju

午後は草でも刈ろうか、と予定していたものの標高も高くまだまだ草は生い茂っていないので結局、ワラビタラノメの山菜採りになっちゃいました。

Taranome タラノメです。

2005年11月27日 (日)

伐採日和

あきばれーのーなか~♪

高い山々では紅葉の季節は終わったけれど標高の低い里山は今が見頃。っていっても茶色っぽい紅葉だけどね。

本日は予定通りしいたけ原木と枯れ木の伐採を行ったよ。ニコ木メンバーなどのお手伝いいただいた4名さん、お疲れ様でした!kunugi-bassai

しいたけ原木のクヌギは、のこぎりで2本、チェーンソーで10本くらい伐採した。木の蒸散作用を利用した葉付き乾燥させるので木口を浮かせて枝葉をつけたまま放置しているのだ。予定では年明けに玉切り。

sakurakirisakurakirumaeクヌギは直径20センチ以下だったのでまだたいしたことなかったんだけど、午後からの枯れ木(サクラ)の伐採はしんどかった。足場が悪く木の重心も偏っているため思った方向に倒すのは至難の業。方向を間違えると畑の野菜やすだちの木を傷めてしまうので、どきどきしながらチェーンソーの刃を入れた。幸い大きな被害もなく上手に倒れてくれました。やれやれ。

今日の日当(労働対価)

1黄色いすだち(すっぱいが十分食べられることが証明された。)

2勝浦のみかん(昼から参加の小川さんの差し入れ)

3原木しいたけ(古いホダ場をのぞくとおいしそうな肉厚しいたけが生えていた)

2005年11月 6日 (日)

植生調査は雨天中止

 残念ながら連休の最後は雨・・・。上勝町の千年の森で今年2回目の下草刈りと併せて植生調査を行う予定だったが、家でのんびりパソコンだ。

残暑が厳しく10月も暖かい日が多かったからきっと秋草もたくさん伸びているはず。また日を改めてやるのかな??

2005年9月24日 (土)

Mr.&Mrs脇ちゃん

9月は休日が多く都会忘れにはちょうどいい暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもの。街はまだまだ暑いけど田舎に行けば暦どおりの気候だよ。日差しがあると暑いけど、木陰や風が吹くと秋の気配。日ごとに秋が深まっているよ。作業中の水分補給のポカリの量が先週より半減した。

すだちは収穫しきれないくらい木に残っているのに人手が足りなくて・・、と困っているとニコ木の脇ちゃんが夫婦で手伝いに来てくれた。慣れない作業なのにコンテナ2杯も満杯にしてくれた。ありがとう!ちなみに脇ちゃん夫婦はアウトドアが好きらしい。「どっか近くに雑木林ないかなあ?」←これって買いたいって意味。遊ぶフィールドが欲しいんだって。助定農園の周りは雑木林だからちょっとうらやましがってくれた。いつでも遊びに来てください。今度一緒に椎茸植えましょう!

wakichan いつも笑顔が絶えない(^^)

2005年9月17日 (土)

稲刈り

 にこにこ木工クラブ(以下、「にこ木」)の一員である私は、今日は稲刈りの出役に。木工クラブという名前なのに今の活動は千年の森の植樹や育林、今回のように稲刈りなどと農林業クラブになってしまってる。それはさておき今回の稲刈りはこのクラブの会長の田んぼを借りて餅米を作っているのだ。

 田植えは忙しくて参加できなかったんだけど、今回はがんばって参加です。実は私生まれてこの方稲作は一度もやったことがないので、まさに初体験!!いちおコンバインがあるんだけど、ここはあえて手刈りを選んだ。そして、はぜにかけて天日干し。今の農機を使えば刈り取り、脱穀、乾燥いっぺんにやっちゃうそうだ。それはそれで楽だけどやっぱり自分たちで苦労した方がおいしく食べられそうやん。と甘く考えていた。中腰の姿勢はしんどすぎる・・・。やり始めたから後には引けんから最後までやり通したけど。足腰ガクガクだ。

inekari1

inekari2

inekari3

   imori inekari5 inekari6

inekari4 イモリがたくさんいたよー。かわいかった。

透明案山子:筆者作

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

bookmark

フォト