2016年10月15日 (土)

秋の剣山・奥祖谷

快晴の休日となったので思い立って急きょドライブに出かけた。
日帰りコースとなる県内旅行。
西日本で2番目の高さを誇る剣山と祖谷地方を巡ることにした。
神山町、美馬市木屋平から剣山登山リフトのある見ノ越峠を目指した。
途中川合峠(神山町と美馬市の境付近)からの眺望が良かったので車を止めてみた。
剣山やその周辺の山々が朝日に照らされくっきりと見えた。
これからあそこまで行くのかって少し気が遠くなる感じ。
              (写真 川合峠から見た剣山頂上付近)Mt_tsurugiview_at_kawaitouge
 
車を再び走らせ1時間ちょい。見ノ越についた。
さすがに紅葉の季節、気候もちょうどよいためか剣山登山リフト駅がある見ノ越峠はすでに駐車場も満杯。
リフトに乗って西島駅へ。そこからは歩き。
頂上ヒュッテ付近でお弁当を食べた。
そこからの眺めがまた素晴らしい。
東を望むと今まで通ってきた神山、川合峠、木屋平が一望できる。
さらに奥には徳島平野、淡路島。
左を向くと香川県の坂出、瀬戸大橋まで見ることができた。
View_north_2 View_east_2
(写真左:坂出方面)       (写真右:徳島方面)
上を見ると高層に筋雲が。これも秋らしい。
Cloud_watch
お昼も回り下山。ナンゴクミネカエデの紅葉が始まっていた。
Kouyou
同じ道を帰るのはもったいない。せっかくお出かけしたのだから、と祖谷方面へと向かった。
祖谷地方といえば切り立った急斜面に集落が点在し、文化財級」の古民家が多く残っている景観や歴史、文化の素晴らしい地域だ。
観光地として有名な「祖谷のかずら橋」。こちらは西祖谷にある。
今回奥祖谷二重かずら橋を訪れた。遠いため、観光客は西祖谷のかずら橋より少ないが、人気が少ない分、趣はある。
野猿(ヤエン)というものや人を運ぶ索道にも乗ることができる。
Okuiyakazurabashi1_2
男橋から女橋を望む
Okuiyakazurabashi2_2 Okuiya_seiryu
 写真:奥祖谷かずら橋と祖谷川の清流
帰路。
祖谷渓は深くすでに薄暗くなってきた。
渓谷に立つ小便小僧。何度見ても足がすくむ。
Sp_20161015_172957

2006年6月 4日 (日)

魚介類を求めて

新鮮魚介類を手に入れようとタウン誌なんかに出ている日曜市に向かった。

阿南市橘町の漁港近くの市はお昼までということで急いでいった。着いたのは11時だったんだけどほとんど品物は売り切れ、ちりめんくらいしかなかった。

うーん、このまま帰るのは悔しい。魚が欲しい。で、もっと南の宍喰という徳島最南端まで足をのばした。道の駅宍喰にいくと、悲しくもテントや机を撤収しているやんか!

ノンストップで行ったのに間に合わず。結局とんぼ返り。

帰りに日和佐の道の駅に寄った。原油が高騰する中、ガソリンだけを無駄遣いし、運転疲れし、自分への慰めと労をねぎらうために無料の足湯につかった。熱いくらいで10分もつかれば体がほかほか

Hiwasa Hiwasa2_1

ここの道の駅の建物はたっくさん木が使われている。徳島県産木材ですよ。

さらに家路に向かう途中、6月1日に山開きしたばかりの弁天山に登った。ここは日本一の山。バラエティー番組でクリームシチューも登りに来たよ。

Bentensan 何が日本一かって?地図にも載っている自然の山として日本一標高が低い山なのだ。登山口の隣に貼っていた地元の小学生の一句が気に入った。

「弁天山 鳥居をくぐれば すぐてっぺん」

魚介類は手に入れられなかったけど、終わってみればなかなか有意義なドライブだった。

2006年5月14日 (日)

地元紙に「上臈ヶ瀧」が

リンク: 徳島県内のニュース:「上臈ヶ瀧」に滝見台 神山町、地元住民が整備 -徳島新聞-.

地元紙を見てたらなんと、この前ブログに書いた上臈ヶ瀧が大きな記事に。さすがローカル新聞!地域情報が濃い!豊富!

滝見台ができたいきさつや、伝説まで載っていたので紹介しておきます。

新聞だから更新が早く、リンクしてもすぐに記事が削除されているかもしれないのでテキストだけコピーしておきます。

以下 5月14日付 徳島新聞 県内のニュースより引用です。

「上臈ヶ瀧」に滝見台 神山町、地元住民が整備

 神山町阿野の笠木谷川にある「上臈ヶ瀧(じょうろうがたき)」に13日、滝を見物するための滝見台が完成した。地元の大地下集落の住民が、隠れた名所を広く知ってもらおうと整備。「地域の宝としてPRしたい」と意気込んでいる。

 滝見台は約十八平方メートルで、町内の元建設業者に施工を依頼、直径約十五センチの鉄製ポールや金網を組み合わせて造った。木製のテーブルといすを置いて、滝を眺めながら、ゆっくりと時間を過ごすことができる。

 さらに住民約十人が町道から滝見台に下りる約十五メートルの歩道を設置、周囲の草を刈るなどして、約二カ月がかりで完成させた。これまで滝周辺は見物できる施設がなく、滝まで近寄ることも難しかった。

 滝は二段の美しい形をしており、落差は上段が約十二メートル、下段が約五メートル。岩間を水が滑り落ちるように流れている。

 約八百年前、鎌倉幕府との戦いに敗れ、自害した阿波の守護代佐々木兼高に付き添っていた上臈(身分の高い女性)が滝に身を投げて命を絶ったという伝説が残っている。

 同集落代表の農業高橋和敬さん(73)は「上臈ヶ滝は長い年月をかけて水が青石を削った自然の彫刻。ぜひ見に来てほしい」と話している。

 滝は、県道・神山鮎喰線から町道・大地谷線に入って約二・七キロの地点にある。

2006年3月 4日 (土)

菌 仕入れの旅

 朝もはよから西に向かって車を走らせる。何もなかったら昼頃まで寝ているのにしいたけ菌を仕入れるために早起き。早起きは三文の得。朝日を受けて青空バックの雪山が美しい。徳島でもこんな景色が見られるんだってプチ感動。

 とまあ、脇見もしながら高速道路にのって向かったのは池田町のとある地区。ちなみに3月1日に町村合併で三好市になったところ。県下で最も広い面積の市町村になったんだって。

 あれ、話がそれちゃった。しいたけにもどそう。ここはここは愛媛県との境目乾ししいたけの産地だ。くぬぎなどの原木になる資源が豊富で昔ながらの原木栽培が盛んに行われている。しいたけ栽培って農業ではなく林業の鴨居なんですよ、実は。で細かく分類すると特用林産って言って木材以外の林産物になる。ちなみに山菜や薬草なんかもそう。ハウスなどの施設栽培が主流になってるけど、もともと収入の安定しない林業は、林間を利用してしいたけなんかを栽培して生計を維持してた。

 知り合いを頼って池田まで来て、その人から菌を譲り受けた。何年かぶりにお会いしたのでちょっとコーヒーでも、と20分くらいかけて最寄りの喫茶店に行った。その人の話によると中国からの安価な輸入しいたけに押されていた国産しいたけだが、最近は味や安全性が重要視されるようになって人気を取り戻してるんだって。確かに原木林間栽培のしいたけって究極の無農薬自然食品って感じがするもんね。

 ちなみにここで生産されているしいたけはいわゆる「どんこ」と言われる肉厚のしいたけでとても美味しいです。佃煮しいたけうどんなどの加工品も生産しているので池田を訪れたらぜひお土産に。

2005年10月31日 (月)

銘木

 機械展を見た後、大阪に泊まって今日は摂津市の方へ。大阪銘木協同組合さんを訪問した。今日から11月4日まで全国銘木展示会が開催されている。マイクロバスで15人ほどがアポなしで見学に来たので先方も驚かれていたが、松本さんという方が快く展示品の説明をしてくれた。どうもありがとうございました。

 直径が2mもあるようなケヤキや流木で不思議な形をしたクスノキを見てびっくり!タモの玉目(たまもく)(早口言葉のよう)や屋久杉欄間の彫刻ついたてなど驚きの品々をたっぷり見せていただきました。

 最近は建築様式の変化で銘木の需要は減っているけど集まるとこには集まるんだなあ。一見の価値ありです!

meiboku-taiboku meiboku-tuitate

2005年10月 8日 (土)

伊香保

 温泉旅館に泊まり、早寝したので目覚めもいい。再度、屋上展望風呂に上った。ずっと天気が悪かったから景色は期待していなかったのに逆に雨上がりでしかも早朝ということですっきり赤城山から遠くは白根の山々まで見渡せた。この露天風呂は標高800mのところにあるので眼下には伊香保や渋川の街もよく見える。オーモリから出てすぐ伊香保ロープウェイがあったので乗ってみた。朝の露天風呂も、ロープウェイも貸し切り状態。なんかこの自然を独り占めしているみたいで気持ちが良いなあ。ロープウェイを上がると森林公園と展望台がある程度。やはり人気はない。ikahotenboh

 ゆっくり樹木などを見ながら散策した。公園には園芸種っぽいモミジや外国の親睦で植えたと見られる知らない樹種があったが、伊香保神社に抜ける遊歩道ではハウチワカエデ、コナラ、ウリハダカエデなど北関東らしい植生だった。歩くとぽりぽり音がするのでよく見るとたくさんドングリを踏んでいた。上ばかり見てたけど足元を見るとキノコもたくさん生えていた。これって食べられるのかなあ?そっと写真だけ撮った。ikahodonguri ikahokinoko1 ikahokinoko2

森の歩道をしばらく歩いていると人の気配がしてきた。どうやら伊香保神社まで下りてきたようだ。ここから名所の石段を通ったり土産物屋に寄ったり普通の観光って感じ。

 とりあえず伊香保温泉街を出てバスに乗り水沢観音に行った。バス移動だから時間に制約がある。車になれているとどうも自由がきかないのは苦痛だけどたまにはいいか。名物水沢うどんを食べる時間はなかったのでおみやげに1つ買って、東京行きの高速バスに乗った。ikahojinja ikahoisidan

2005年10月 7日 (金)

保養の旅

 金曜日午後3時、研修も無事終了し機械化センターを出るときが来た。来たときよりも紅葉がいっそう進んで風とともに葉が舞い散るのをみてここを去る寂しさがいっそう強まった。あっという間の1週間だった。

 いきなり徳島に帰るのはあまりにもハードなので伊香保温泉で一泊して帰ることにした。研修が終わり体もかなり疲労感があることに気づいた。一番がんばったのは肝臓かも・・・(^^;)

宿は予約していなかったのでいきなり行って決めた。「和心の宿オーモリ」という旅館に泊まった。最近どこかで泊まると言ってもカプセルやビジネスホテルばっかりだったから旅館のもてなしというのは久しぶりでちょっと緊張した。とは言うものの屋上の展望風呂に使った瞬間は本当に身も心も癒された気分だ。温泉文化のある日本に生まれて本当に良かったと思う瞬間でもある。

部屋に準備してくれた地元や隣県の素材を用いた思いのこもった料理がまたすばらしい。まかないさんが一つ一つ料理を説明してくれる。前菜は岩手の秋刀魚万場町のキノコのマリネ、藤岡の銀杏・栗刺身は名水百選の東村の銀光・白銀鱒、下仁田のこんにゃく、その他香り揚げ、豊作蒸し、和風ポトフなどなどには吾妻の茄子、吉岡の舞茸、伊香保の茗荷や胡麻、赤城の生ハム、赤堀の無花果(イチジク)などなど。秘伝のはっと汁はそば粉でできたすいとんみたいなのがあり、知らないキノコもいっぱいだ。北関東ならではだね。デザートはやはりリンゴとブドウ。最近小食だけどもったいないから時間をかけて全部食べちゃいました。ikahoonsen1 ikahoonsen2

温泉に入り直し、今晩は酒を一滴も口に入れずゆっくりお休みです。

2005年10月 3日 (月)

沼田の研修~その1~

 行ったことのない県は8月末に茨城県をクリアーして残り7つ。それから約一月が経ち、ついに群馬県に足を踏み入れた。これで残り6県!

 今週1週間は林野庁の施設である林業機械化センターで高性能林業機械と言われるものの操作や作業システムなどについての実習をみっちり行うのだ。秋の好天に飛行機や電車での移動、半分旅行気分で上越新幹線に乗った。「おーっ、あれはどっかで見たことあるぞ。」そう車窓から目に映ったのは高崎観音だ。takasakikannonぐーんまーのきぼーおー さいごーじょーんこー♪♪」。そう、高崎に来るのははじめてだけどつい先週までNHKの朝の連続テレビ小説「ファイト」で群馬がロケ地になってたのよね。

さすがは新幹線。あっという間に通り過ぎ、トンネルゾーンに入っていった。山も深くなりついに下車の上毛高原駅に着いた。なんと静かで寂しいところ!でも田舎好きの俺にとってはこの人気のなさがたまらなく好き。johmohkogen kikaikacenter マイクロバスに揺られて目的地の林業機械化センターに到着した。紅葉にはまだ早いが、周囲はカラマツや落葉広葉樹がほんのりと色づき始めている

(ちょっとブレイク)よく森林環境をテーマとした番組や記事などで、悪者扱いの「針葉樹」に対して「落葉樹」がいいですよー、みたいに表現されてることってあるけど針葉樹の反対は広葉樹、落葉樹の反対は常緑樹だね。知ってる人にとっては当然のことなんだけど、森林などあまり詳しくない一般的な人にとっては案外勘違いされているような気がしたんで・・。カシ・シイなんかは常緑広葉樹、カラマツなんかは落葉針葉樹だよ。

2005年8月29日 (月)

200円の格安ツアー

帰りの飛行機はお昼過ぎ。午前中をどうすごそう?新宿駅の切符売り場で運賃表を見ながら立ちつくす。行き先も決まらぬまま220円切符を買った。とりあえず秋葉原でも行って時間をつぶそう。

ところが平日の朝は人も少なければ店も開いてない。周辺を歩いていると真新しい「つくばエクスプレス秋葉原駅」が目の前に現れた。最近友達と飲んでるとき「行ったことのない県ってどれだけある?」って話になった。ちなみに私は青森県、福島県、茨城県、山形県、埼玉県、群馬県、佐賀県、長崎県の8県だ。うん、これはひとつつくばまで行ってみるか。新しい物好きでつくばエクスプレスに乗りたいというのと行ったことない県に行きたいという理由で200円切符を買って乗り込んだ。

つくばまで往復90分。羽田空港までの時間を考慮してぎりぎりの時間配分だ。下りは非常にすいていて子供のようにはしゃいで車窓を眺めることもできた。東北地方(北関東?)って平坦な土地が広がっているんだね。四国みたいに急峻なところにすんでるものから見ればうらやましい。つくばまで行って駅から出ることなく折り返しの快速に乗りました。だって200円しか払ってないのだからしょうがないよね。これでいちお、行ったことない県、茨城県はクリアーしたのかな?微妙です。帰りは新御徒町で降りました。

tsukubasan ←車窓から見た筑波山・・・だよね。行き当たりばったり旅行なのでいまいち自信ないんだけど。

2005年8月28日 (日)

市場調査

早朝、徳島空港に向かう途中。車のFMラジオで今年の夏の総決算をテーマに視聴者からのメッセージを紹介してた。そうか、今日は8月最後の日曜日なんだ。私は前半は遊び、後半は勉強。

今日、上京しているのは仕事上必要な資格を取るため、その試験に臨むのだ。8月最後の日曜日って結構いろんな試験があるみたいだね。偶然ラジオでもそんな人のメッセージが紹介されていた。

試験のできは?最後の追い込みあってかまずまずだと思う。試験のことはおいといて、今回東京に来てついでにやっておきたいことが。それはスーパーや八百屋ですだちが売られているか、あるいはいくらぐらいで売られているか。試験会場のあった経堂付近で八百屋の前を通ったがすだちは見あたらなかった。

試験が終わって新宿の居酒屋で飲んだ。生ビールを3本あけた後、他の飲み物を注文しようとメニュー表を見た。すると すだちサワー 何!?東京でもこんなのあるん?早速注文してみた。これも市場調査の一環だ。

数分後、アルバイトのお姉さんが「すだちサワーのお客様」と持ってきた。

souer 「レモンやん!」思わず声に出してしまった。店員さんはコメントもなくぼーっとしている。たぶん店の人にすだちサワーと言われて持ってきているだけですだちってもの知らんのだろーな。

関東ではまだすだちの知名度は低いと言われる。メニューに入れてくれるのはいいけど偽物はあかんよ。すだちってのは緑色だしレモンより小さいので念のため説明しておきます。

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

bookmark

フォト