« すだちシロップ その1 | トップページ | すだちシロップ その2 »

2011年10月 6日 (木)

山で見つけたもの(その2)~シカの骨~

造林地に行きました。そこはスギを伐採した後にまた苗木を植えたところで、ネットで囲まれている。そこで見たシカの白骨死体です。肉や皮はほとんどカラスやウジ虫に食べられ残っていない。

 Sikanohone

なぜ、ネットがあるかって?それはシカの食害を防ぐため。四国山地はシカが大繁殖して生態系を壊しているって社会問題になっている。でも「山地」だけでなく、「里山」にも下りてきているのだ。この造林地は比較的里山に近いところ。こんなところにもシカはうようよいる。

山で草を食べているだけならいいんだが、農作物(ゆず)や植林したスギなんかを食べて被害が深刻なんだよ。根本的に解決するためには生態系の話だけでなく人間の社会的な問題(少子高齢化、過疎化)とかいろいろあって、単にシカを獲ればいいというものではないだろうが、現実は個体調整といって増え続けるシカを駆除していくしかないんだよね。

だから写真みたいにネットにシカがからまって死んでいるというのもしょっちゅうあって、残酷とか感じないのも事実なんだよね。

« すだちシロップ その1 | トップページ | すだちシロップ その2 »

コメント

鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120987/52925810

この記事へのトラックバック一覧です: 山で見つけたもの(その2)~シカの骨~:

« すだちシロップ その1 | トップページ | すだちシロップ その2 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

bookmark

フォト