« 2011年9月 | トップページ | 2012年8月 »

2011年10月24日 (月)

作業道の改良

月曜日だけど、仕事を休んで農園に行って来た。

すだち、ゆこう、収穫を終えてひっそりとしている。

あんなにたわわに成っていた果実が黄色くなって、ぽつんぽつんと目をひく。青いうちは、「もう完璧に採れたね。」とか言っていたのに、必ず取りこぼしがあるのだ。

さて、本日は久々にバックホー(ユンボ)に乗りました。中古で購入したこの機械ももう10年以上になるが、よく働いているよ、まったく。エンジンの調子はずっといい。

今日の作業は作業道の改良(拡幅工事)。以前、軽トラで通れる道をつくったが、ちょっと無理して道幅を狭くしたから通りにくかった。山側を切り取り、谷側へ盛る、と単純な作業だけど奥が深い。ただ土を移動するだけだと崩れやすい道になる。山側の腐葉土や植物の種がたくさん含まれた「表土」を上手にはぎ取り谷側に盛る。深いところにある無機質の土と交互に盛って、しっかり圧縮。こうして、路面が堅く土羽からは植生が回復しやすく崩れにくくなる。

いま、両親が中心に農作業をしている。収穫したすだちは重くて運び出すのが大変。だから今のうちに軽トラが通れる道をしっかり作って将来に備えたい。

(余談)本日の作業、カメラを持っていったが撮影するのを忘れてしまった・・・。また次回に写真をつけようかな。

2011年10月20日 (木)

すだちシロップ その2

すだちシロップに挑戦してるけど、分量間違ったか?

適当にやってたんで、あとからネットとかで調べてみると、皮むいたり、輪切りにして入れてるのが多いみたい。半切りではエキスが抽出されにくいのかなあ。それとも砂糖の割合が多すぎたのかなあ。2週間あまり経ってご覧のとおりです。

とりあえず、混ぜながらあと数週間様子見ですね。

17dlater

2011年10月 6日 (木)

山で見つけたもの(その2)~シカの骨~

造林地に行きました。そこはスギを伐採した後にまた苗木を植えたところで、ネットで囲まれている。そこで見たシカの白骨死体です。肉や皮はほとんどカラスやウジ虫に食べられ残っていない。

 Sikanohone

なぜ、ネットがあるかって?それはシカの食害を防ぐため。四国山地はシカが大繁殖して生態系を壊しているって社会問題になっている。でも「山地」だけでなく、「里山」にも下りてきているのだ。この造林地は比較的里山に近いところ。こんなところにもシカはうようよいる。

山で草を食べているだけならいいんだが、農作物(ゆず)や植林したスギなんかを食べて被害が深刻なんだよ。根本的に解決するためには生態系の話だけでなく人間の社会的な問題(少子高齢化、過疎化)とかいろいろあって、単にシカを獲ればいいというものではないだろうが、現実は個体調整といって増え続けるシカを駆除していくしかないんだよね。

だから写真みたいにネットにシカがからまって死んでいるというのもしょっちゅうあって、残酷とか感じないのも事実なんだよね。

2011年10月 3日 (月)

すだちシロップ その1

すだちの収穫はいちお一通り終わったけど、取りこぼしなんかが結構あってこの前の土曜日に行って集めてみると結構採れた。

果汁にしてもいいんだけど、今回初めてシロップにしてみようと思い立った。

材料はすだちと氷砂糖だけ。量はだいたい同じ重さにしてみました。すだちは普通の大きさだと40個で約1キロになるよ。

手順

1 すだちをよく水洗いし、その後表面の水分をふき取る

Mizuarai

2 すだちを半分に切

Cut

3 しっかりアルコール消毒したびんにすだちと氷砂糖を交互に入れる

Bindume   Buindume2

あとは冷暗所に置いておく。2週間ほどで完成の見込み。

2011年10月 2日 (日)

栗拾い

すだちの収穫が一段落。満足感と達成感に浸っていたりして。

でもこの時期もう一つの楽しみが。すだちが取り終わった頃、今度は農園内の栗の木に大きな実がたくさんなっているのだ。

Simg_3555 Simg_3549 Simg_3550

気をつけないとサルとかに取って行かれるので、その前に私たちで収穫しないと。

取れたての栗はゆでて、半分に切り、スプーンでほじくるように食べました。このほくほく感がたまりません。やはり実りの秋、食べ物がおいしい。

« 2011年9月 | トップページ | 2012年8月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

bookmark

フォト