« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月23日 (土)

新ホダから初しいたけ

暖冬だけどさすがに冬、年末の雰囲気が漂ってきました。

さて、今年3月に植えたしいたけが早速芽を切り出しました!

3siitake1 3siitake2

こんなのがところどころにぽつぽつと顔を出しています。

かがんで積んだホダ木の下側を覗けばまた見つけた!

3siitake3

木の伐採から玉切り植菌、ホダ場の管理いろいろ気を遣ったけど、うまく菌が蔓延してくれたみたいでよかったよかった。

春植えでその秋にできるのはよくホダ化が進んでる証拠。とりあえずこの冬の収穫は限られてるけど、この分だと次の春にはわんさか収穫できそう。

ちなみに今は気温が低いので、成長がとても遅く歯ごたえのあるしいたけでした。煮物焼きしいたけにちょうどいいでしょうね。

この間懸賞でもらったなめこもたっぷりいただいたし、きのこ好きの私にとってうれしい事続きです。

2006年12月17日 (日)

小学生の林業体験

子どもの砂場の囲いに間伐した木を使いたい」と地域の子ども活動をしている公民館やご父兄の方たちから相談がありました。昨年来行っている間伐ボランティア実施地において手ごろなヒノキがあるのでそれを利用する事にしました。

間伐している場所↓

   Zenkei

せっかくなので子ども達に林業体験をしてもらおう、と言う事になり間伐支援隊で急きょ林業体験教室をすることになりました。間伐などは小学生にとって大変な作業。もちろんチェーンソーなんて使えないからて手鋸でこつこつとやるしかないんです。

伐採は大人がやって見せ、玉切りを子ども達が行いました。さすがに腕が疲れてた様ですね。今回は砂場で使う木の切り出しなので2mほどの長さに切って、必要な数本だけ運び出しました。

Ringyotaiken  Kiridashi

体験のあとの座談会ではもっといろいろなものを木を使って作ってみたいと言う意見もでました。またこんな機会を持つことで未来を担う子どもたちにも森林のこと、たくさん知ってもらいたいです。

「現代林業」からの贈り物

突然だけど、自分、全くじ運ないんです。年賀状で切手シートが当たった事もほとんどない。あれって、確率からすれば33枚のうち1枚は当たるはずなのに!当然懸賞なんてものは当たった記憶がない(記憶だけじゃなくて本当にない)。

ところが、夕方クール便の宅配が来て送り主を見ると林業改良普及協会というところからでした。「なんじゃ?も、もしかして!」そうです、数ヶ月前になるんだけど、ここが出版している「現代林業」っていう業界雑誌の読者プレゼントに応募してたんです。

業界雑誌だから一般に比べて読者は少ないから当たる確率は高いんだろうけど、でもやっぱりもらえるってうれしいね。

中身は新潟県産の焼酎「森の淡雪」なめこのセットでした。

   Fromgr

なめこは冬のきのこのイメージがあります。ちょうど寒くなってきた季節、なめこ汁なんかにいいかな。

焼酎の方は早速、あけてみました。最近もらった竹のカップで晩酌です。

  Awayuki

湯割りにしました。芋・米焼酎なので独特のくさみがあります。微妙に竹の風味と相まってとても美味しくいただきました。滅多にやらない晩酌だけどこれからしばらくは淡雪をちょうだいします。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

bookmark

フォト