« 収穫日誌 | トップページ | 3連休なのに »

2006年9月 3日 (日)

糖尿病を減らせ!

つい先日、地元新聞に「すだちが血糖値を抑制する」という記事が出てました。あくまでもマウスでの結果で人間にどうだとか、その理由など詳しいことはまだ分かってないらしい。

1つ、疑問が出てきた。徳島県は糖尿病の発病率全国でワースト1が何年も続いている。一方ですだちをなんにでもかけて食べるので(他県に行くと高級品ともてはやされるすだちも湯水の如く使いまくっている)、おそらくすだち消費量は全国ナンバー1だろう。

すだちが血糖値を抑制するなら糖尿病患者がそんなにでなくたっていいじゃない?って当然思うよね。

結論。おそらく、すだちの血糖値抑制効果より運動不足の方が強く作用してるんだ。徳島は公共交通機関が不便でみんな自家用車をよく使う。ちょっとそこのコンビニまでっていうときでも車。はっきり言って東京の人の方がよっぽどよく歩いているもんね。

ちなみに俺は最近よく歩いています。もちろん運動不足を解消するというのが一番の目標。ただウォーキングと言ってわざわざ歩くんはよう続けんだろうから、通勤を歩くことにした。もう3ヶ月以上続いている。この暑い夏もこなしたからこれからは涼しい季節。徒歩も気持ちいいぞー。歩くのって身体的にも健康的だけど、気持ちいいから精神的にも健康になれると思いますよ。

以下参考、徳島新聞の記事からの引用です。

スダチで血糖値抑制 搾りかす与えラット実験

 スダチの皮と果肉には血糖値の上昇を抑える効果があるというラットの実験結果を高石喜久徳島大教授(生薬学)らがまとめ、30日発表した。

 食品加工で大量に出る搾りかすの新しい活用方法につながるもので、高石教授は「人でも効果があるかを調べ、健康食品に使うことを考えたい」と話している。

 高石教授らは、糖尿病になりやすい体質のラットに生後約40日から、餌とともに搾りかすの粉末を水に溶かして与えた。すると血糖値はほとんど変化しなかった。与えないラットは血糖値が最大で約2・5倍に上昇した。体重や血圧、脈拍に差はなく、副作用はないと考えられるという。

 インスリン濃度などに違いはなく、高石教授は「なぜ血糖値が抑制されるのかは、まだ分からない」としている。

« 収穫日誌 | トップページ | 3連休なのに »

コメント

初めまして、長野からお邪魔します。
安斎です。
すだち美味しくいただいております。
収穫ご苦労様でした。

この記事、先日の新聞で拝見しました。
私もできるだけ皮まで食べるようにしています。
皮まで安心して食べられる、
そんな果実をこれからも期待しております。
いま、すだちを
何かスイーツに変身させよと、考え中です。
これも
贅沢にも沢山あるからこそ考えられることです。
どうもありがとうございました。
またお時間ある時に覗いてみて下さい。

yanzaiさんへ
よくぞお越しいただきました。
すだちを喜んでいただきこちらとしてもうれしいです。

すごい、この記事が徳島新聞以外でも掲載されてたん?てっきり地元ネタだとばかり思ってたけど。

そうです。すだちは皮までいただけるんですね。
おろし金でおろしてそうめんの付けつゆに入れるというのが定番なんだけど、この前料亭でみそ田楽におろした皮を振りかけていました。
これもなかなか美味しかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120987/11749557

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病を減らせ!:

» すだちと山越のうどん [すだち すだちとわたしのイイ関係]
すだちとうどんの相性を知ったのは、本場四国の讃岐うどんを食べたときでした。「山越」のは、つゆもおいしいし、コシもあって、ビシッとしまっています。私の人生でベスト・オブ・うどんですね。... [続きを読む]

« 収穫日誌 | トップページ | 3連休なのに »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

bookmark

フォト