« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

木頭杉一本乗り大会

今年もやってきました。この季節。

一本乗りの去年の記事はこちら

3年前から毎年出場させてもらってます。去年はライセンス6級を取得したよ

新聞によると今年は出場の申し込みが少ないみたいで梅雨明けが遅れて練習日がとれなかったのも関係しているらしい。

とにかく自然を満喫できるスポーツです。初心者でも大丈夫なので興味のある方は参加してはどうでしょうか?

とき:8月6日(日) ところ:徳島県那賀町木頭和無田

那賀町のHPはこちら

那賀町のHPから事務局に問い合わせれば申し込みできると思います。

2006年7月22日 (土)

千年の森 下刈り

天気が危ぶまれたけど、今日はよく晴れました。早朝より千年の森の下刈り作業に出かけました。ちなみにこの作業は植林した樹木の成長を促すための育林作業です。

ほんとは曇ってくれてたら一番楽なんだけどね。太陽光がさんさんと降り注ぎ、めっちゃ暑かったです。

いつもなら10人くらいのメンバーでやってるんだけど、今回は参加者が少なく一人当たりの割り当てが多くなり大変でした。下刈りってのはもっとも過酷な作業で服を搾ったらぽとぽとしずくがしたたり落ちるほど汗かきます。

今回の作戦として“坪刈り”作戦。全部刈ってたらとても間に合わないので植林木の周りだけ刈るという方法。でも結局夕方時間切れで来週以降に持ち越しになりました。

0722sitagari 荒くたい刈り方だけど、こんな感じに仕上がってます。

さてさて、作業を終えて帰り際、おっちゃんたちが車を止めて遠くを眺めてる。なんやろう?って聞いてみると「鹿がおる」。

え?どこどこって感じで探したけど全然わからん。視力2.0なんだけどね。おっちゃんに「あそこに道があってそこ右に行って切り株があるやろ。その下あたりや。」って教えてもらって「うーん、確かに茶色い物体は見えるけどほんまに鹿?」

双眼鏡があったので確認すると、おー!確かにバンビちゃんが休憩してるではないか!それより驚いたのは、言われてもよくわからんのにこのおっちゃんは肉眼で見つけている。いったいどういう視力しとんじゃ?

デジカメの最大ズームで撮ったんでみなさんもバンビちゃんを捜してみてください。

Whereisdeer

2006年7月20日 (木)

喪中

前に載せたツバメの記事、読者の方ならどうなったか気になるところですよね。言うべきかどうかずっと悩んでいたんです。というかしばらくブログを書く気が起こらなかったのです。でも一度書き始めたことですから隠さずに真実を伝えるべきなんでしょうね。

あれからしばらくして衰弱死してしまいました。だいぶ飛べるほど成長したのに急に・・・。

なぜって自分でも信じられませんでした。いろいろ考えたんですがたぶん体温が下がりすぎたんだと思います。飲み用に皿に入れてた水につかってぬれたんです。いちお拭いてはあげたんだけどあまかったみたい。夜のうちにどんどん体温が奪われてか明け方、苦しみもがいている音で目が覚めました。

いそいで手の中やカイロで暖めてあげたんだけど、手遅れでした。自分の手の中でだんだん動きが遅くなり、目を開いたまま息を引き取りました。

早朝5時頃、近くの河原に行き、元気になったら成鳥ツバメがたくさん飛んでいたこの芦原に放してやろうと思っていた場所へそっと置いてやりました。エサ採る訓練用として捕獲していたバッタやコオロギをお供えして。

非常につらいことですが、自然に帰してあげられました。とても短い一生だったかもしれませんが、このツバメにとって生きた時間エサ採る練習したり飛行訓練したり楽しい生涯だったことを願います。

野生生物を扱う難しさを実感しました。

応援していただいたみなさん、ご期待に添えなくて本当にごめんなさい。

2006年7月15日 (土)

梅雨の合間

梅雨の合間です。天気予報によると今日しか晴れない予報なので農園に行きました。

今日の仕事は3月に植えたしいたけのホダ木をホダ場に広げること。まとめて積んであったものを「」の字に組んだり斜めに立てかけたり。(これを本伏せという)

直射日光はだめ。ほどよい暗さ

風通しも良い方がいい。でも乾燥しすぎるとだめ。

Honbuse

素人ながら見た感じには、今のところ順調なんじゃないかなって思います。

さて、午後からはすだち園の草刈りをしました。異常に暑いねえ。どっかでは気温38度って言ってましたよね。信じれん

炎天下での草刈り作業は危険です。熱中症には気をつけないと。

用意した2リットルポカリスエットはすっからかん。さらに畑にあったキュウリを丸かじりで水分補給。でもそれ以上に放出してるんじゃないかと思う。

Kyurihana Kyuri

  キュウリの花 と 食べ頃のキュウリ 

Kusakari

  草刈りの様子

農園を歩いているのこんなやつがいました。

Gomadara

ゴマダラカミキリってやつでかんきつ類にとっては実をかじる害虫です。

写真撮影の後、申し訳ないけど(×_×)してもらいました。

2006年7月 2日 (日)

飛行訓練

保護したツバメ、とても元気で食欲も旺盛

Tsubame4

今日は天気も良くなってきたので自然に戻るための訓練です。

近くの空き地に行って飛行訓練。高いところにとめてあげても自分からはいっこうに飛ぼうとしません。

Tsubame3

今度は手にのせ、強引にとばしてみました。すぐに地面に不時着かと思いきや、なんと自分の周りを3週くらいも飛んで見せてくれました!

「やればできるやん!」とちょっと感動。

Tsubame5

2,3回飛行訓練したけど、危なっかしいもののそこそこは飛べそう。

後はエサを採ること。この空き地は虫がいっぱいいたけど、自分で採ることはできないみたい。とりあえずバッタとかクモとかを捕まえてあげました。

2006年7月 1日 (土)

巣立ち雛

我が家にツバメの子が仲間入り!

Tsubame2

この子は巣から落ちているのを拾われ、あちこちを巡ったあげく、うちで預かることに。

野鳥だから拾わずに自然のままが本来一番いいんだけど、こうなってしまったので巣立ちできるまでうちでトレーニングです。

野鳥を自然に戻すのは、とても難しいこと。人間には虫の取り方敵から身を守るすべも教えてあげることができません。

窓際においてできるだけ外の世界を見せてあげたり、庭などで少しずつ飛べるように練習させていくしかないんです。なにせ初めてのチャレンジだけどこの子のためにできるだけがんばろう。

Tsubame1_1

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

bookmark

フォト