« 魚介類を求めて | トップページ | 林道縁の植生 »

2006年6月17日 (土)

シオデを採りに・・・

この前、シオデをもらって以来、あちこちで話題になりました。そして知り合いのTKさんが自分ちの山で生えている場所を案内してくれるというのでその現場に向かいました。

TKさんは森林インストラクターの資格も持ち、木だけでなく草本も詳しい。実家は12番札所の焼山寺の近く。標高が高いのでこの時期でもまだまだ山菜が旬。で、シオデもまだ食べ頃というわけです。TKさんの山の林の縁の日当たりの良いところを歩いていると「お、あれあれ。」と指さしてくれました。「どれだ~?」って感じで探してたら、確かにこの前食べたのとよく似たものが。でも自分の想像してたのと違っていたのでちょっとびっくりです。ほんとに、ツルでしたね。Shiode03

長いものだとスギの木なんかにくっついてたかーく伸びてました。でも引っ張ると簡単に落ちて来ちゃう。他のツル性の植物はもっとねばいのになあ。採ってくださいと言わんばかりの軽さでした。

こんな訳で、次から次へと引っ張り落とし、柔らかい新芽をたくさん摘みました。秋には実がたくさんなるのでそれを採種して蒔いてみようと言うことになりました。

さてさて、せっかくここまで(結構山奥ぅ~)来たのだからついでにと、ウドの株タケノコ山(ハチク)にも案内してくれました。ハチクもふつうだと遅いくらいだけどここではまだちょうどいい美味しそうな太いタケノコがたくさんでていました。Hachiku03

森林インストラクターのTKさんはさすがにいろんなことを知ってます。例えば、ハチクモウソウチクのちがい。節を見るとモウソウチクは線が1本なのに対しハチクは2本。ハチクマダケのちがい。枝を切ってみるとマダケは中が空洞になっているのに対しハチクは空洞がない。今日はハチクしか確認できてないけど何かの機会に確かめたいです。

Fushi01 Hachikunoeda

« 魚介類を求めて | トップページ | 林道縁の植生 »

コメント

言ったとおりでしょう。TKさんはこの道の将にプロですから。私は昔々の大昔木頭村の柚子畑で見つけたんですが感激ものでした。そしてマヨネーズ和えは正解ですよ。もっと言うとマヨネーズに少しの醤油と七味を加えると最高ですからもしも残っていたら試してみたらいいですよ。ところでTKさんに私も少しほしいなと伝えておいてください。

papabearさんへ

いやあ、仕事でよく山に行くのに、まさにTKさんと山に行くとまた別の新鮮さがありますね。
森林を立体的に見てるというか隅々まで見てるというか。bearさん家にもシオデが届くように伝えておきます。
残念ながらシオデは全部食べちゃいました。また次回挑戦します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120987/10580041

この記事へのトラックバック一覧です: シオデを採りに・・・:

« 魚介類を求めて | トップページ | 林道縁の植生 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

bookmark

フォト