« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

上臈ヶ瀧

うちの農園の近くに上臈ヶ瀧(じょうろうがたき)ってのがあるんです。超マイナーな瀧で地元の人くらいしか知らないような。

Jorogataki

それが森林公園の近くに位置することから案内看板が立ったり木製ベンチが設置されたり、いろんな人が訪れるよう施設が整ってきた、という話を聞いて・・・。でどんな感じになったのかちょっと行ってみた。遊歩道もできて近くまで下りていける。木陰で水が近いから夏でもとっても涼しそう

今年の夏は作業の合間にここで休もっかな。

原木の準備完了!

なんか今回の菌の植え付け作業ってやけにのんびりしている気がする。本日やっと原木が準備できました。伐ったやつそこら辺に散らかしてたからね。

Genboku

樹種も様々サクラはもともと枯れてたやつだからヒラタケ・ナメコ生やすのは非常に難しいだろうな。クヌギ、カシはあまり相性良くないらしいが試しにやってみる。

久々にチェーンソーをブンブン回した。爽快だねー。

2006年4月29日 (土)

菌植え付けの準備へ

休日だけど気合い入れて早起き。作業着に着替えて玄関を出るとパラパラ・・・・(T_T)

出鼻をくじかれた。嫌らしい雨だ。チェーンソーの目立てやナタを研ぐなど準備なら屋内でできるからいいやと雨の中、農園に。

なんとか雨はやみ、雑用なんかができた。原木に穴をあけるためのドリルの電源がいるので畑まで電気を引っ張る電気工事をやりました。

さて、今日も作業の後はお楽しみの散策。しいたけが少し、それからイタヅリ(*1)もあちこちにたくさん出ていたよ。子どもの頃イタヅリを野山で採ってそのままよく食べてたけどあんまり美味しい物ではないよねぇ。それなのに昔はなんであんなに必死で食べてたん?そんなに飢えてたんか?

今日はいっぱい目に付いたけど、結局食べませんでした。

(*1)イタヅリ:正式にはイタドリ。ここらへんでは訛ってイタヅリとかイタンポとかいう。

Itadori

2006年4月23日 (日)

春の息吹

農園の見回りでしいたけやワラビがないか歩き回ってた。

しいたけはあんまり生えてなくワラビは長けていたのでざーんねん。その代わり息づく春を実感したよ。

Megusuri この木なんだかわかる?3年ほど前に植えたんだけどちゃーんと育ってきてる。今年も薄緑の若葉を付けました。

ヒント。落葉樹で対生。落葉樹で対生と言えばちょっと知識のある人はすぐ何科か分かると思う。そう、カエデ科。でカエデ科の何かという答えはまた後日。漢方薬になったり茶になったり。みのもんたがおもいっきりテレビで絶賛してたこともあるんだよ(いつもか?)。枝とか皮がすごく高く売れるみたい。

次に、ワラビを探していたら草むらから”ガサガサ”って!なんと早くもヘビ出現!!思わず飛び上がって逃げました。たいがいのもんはいけるんやけど、どうもヘビだけは昔から苦手で(^_^;) カメラにおさめるなんて余裕はもちろんありません。

トカゲちゃんくらいなら大丈夫なんだけどね。今度、きのこを植えようと思っているサクラの原木の上を這っていました。Tokage

ヒラタケ&ナメコにチャレンジ

この前、しいたけを植えたけど今度はヒラタケナメコにチャレンジしようと思う。ここであえてチャレンジと言うのは・・

しいたけの原木は伐り旬とか玉切りとか計画的に手順を踏んだけど、今回のはすっごくいきあたりばったり。園内でサクラが枯れかけていたのを伐り倒してもったいないから何しよう???うーん、炭焼きにでも。しかし一体誰が何日も火の番するん?ならきのこは?サクラにしいたけは生えないらしい。調べていたらヒラタケ、ナメコは比較的サクラに合うらしい。

ということで伐採時期や乾燥のこと全然考えんとやろうとするからチャレンジ。まあ、生えなくてももともと期待してないので別にいいや。もし生えてくれたらもうけもん

てことで今日はそのための準備に農園に行ってまいりました。本チャンは来週(4月29日か30日)です。土曜か日曜天気の良さそうな方でやるんで暇な方、手伝ってください。_(._.)_ おっきがるにー!

2006年4月 9日 (日)

春眠より覚める~山菜とり~

Kousa 天気も良く穏やかな週末となったのでちょっとおでかけ。家を出てびっくり。めっちゃ霞んでるやん!中国の砂がこんなに飛んでくるんだね。工場の排ガスなんかは飛んできてないのってちょっと心配にもなる。

さて、我が農園に行くと「草花今まさに伸びむとすTukusitamp

春のにおいただよってまーす。

とりあえず食材として しいたけ、わらび、ツクシ、フキを採って帰りました。

Sansai_1 

わらび、ツクシ、フキは農園敷地内に自生してるんですよ。まあそう珍しい物でもないのでたいしたことはないけど。

Warabi Fuki

ツクシは採ったものの長(た)けていて食べるには至らなかったです。わらびとフキはあく抜きして煮物、炊き込みご飯などに。山菜は季節感があっていいねえ。

これからはタラノメ、ぜんまいなど別の山菜も出てきます。しばらくは野山が楽しめそう。

2006年4月 8日 (土)

春眠より覚める~花粉症について~

久しぶりの投稿。

というのもしいたけ植菌以来週末は山には行ってません。花粉症なもんで。

花粉も落ち着き、そろそろ活動再開かと・・・。

山好きの人間なのに花粉症ってないやろ、って感じですがこればかりはしゃーないんよね。

仕事ではどうしても山には入らないと行けないこともあるのでそれなりに対策はとってます。10年来花粉症の私が取り組んでいるのは「シジウム茶」。

それまでヨーグルトだとか甜茶だとか、いいと言われてるものもいろいろ試したけど自分にはあんまり効果なかった。であるときテレビで見た「シジウム茶」を飲むとウソみたいによく効いたんでびっくりです。鼻炎薬なんかはよくきくけどボーっとしたり副作用が出るんであんまり使いたくないんよね。

あと、最近では「フキ」とか「ツクシ」がいいなんて話も出てるね。この前大量にフキノトウが手に入ったので天ぷらにして食べたら数日間なんもせんでも鼻の調子よかったよ。アクの強い物が花粉症にはいいのかな?でもアクのある物をあんまり摂取しすぎたら別の病気になりそうなんで気をつけよう。

いずれにせよ、食べ物次第で症状はだいぶ良くなる気がする。巷で言われている「花粉症によく効くよ」ってものは漢方薬みたいなもんやから効き方って千差万別なんだよね。花粉症みなさんも自分に合う食事方法を探してみては?

Kafunup こんなイメージいやですか?

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

bookmark

フォト