« 坂州川 農村レストラン | トップページ | すだち農園の草刈り »

2005年7月25日 (月)

杉一本乗り講習会

 一本乗りのライセンス持ってるんだけど、ペーパーだから2年ぶりに乗ると「くるくるざぼーん!」みごとに川に落ち込み丸太がくるくる独り回ってた。

 8月7日の大会に向けて講習会に参加した。前回雨で中止となったからまさに待ちに待った一本乗りだ。ところは那賀町木頭出原の河原。この上流にはダムがなく水もきれいだ。ところでなぜ「日曜農林業」なのにレジャーの記事?と思われる方もいるかもしれない。確かに今はアウトドア、レジャー的なものだけど本来はれっきとした林業技術なのだ!(詳しくはバックナンバーの関連記事を参照されたい) 今でこそ、トラックで陸運されているが道やダムが整備される前は木頭で伐採された木材は那賀川を“流送”と言う形で下流に運ばれていた。だから那賀川の下流には製材屋さんが今でもたくさん並んでいるんだね。

 さて、この杉丸太一本乗り、林業に関わる私にとってどうしても身に覚えのあるものとしたいのである。日本の伝統文化や伝統技術は後継者がいなくなり、まさに伝説になりそうなものが数多くある。代替製品や機械・技術の進歩などにより生産性の劣る手作業なんかは廃れていく運命なのかもしれないが、それには見捨てがたい芸術が潜んでいる気がしてたまらない。一本乗りで言うならば、竿(正式にはトビという丸太を扱う林業用の道具)一本で丸太を自由に集めていく。しかも流れのゆったりした淀みもあれば、浅く流れの速い荒瀬もある。丸太の癖もバラバラだ。そういった自然を意のままに操るってかっこよくない?

 私たち挑戦者が悪戦苦闘しているそばで70歳を過ぎたおじいちゃんが易々と丸太を扱って対岸まで渡っては戻ってきた。しかも足首より上はぬれていない。まさに芸術的テクニック!そう、昔はこれができてなんぼの世界だったのだろう。今は生活に必要ないかもしれないが、是非とも次の世代に継承していきたい技術だと思う。

« 坂州川 農村レストラン | トップページ | すだち農園の草刈り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120987/5138049

この記事へのトラックバック一覧です: 杉一本乗り講習会:

« 坂州川 農村レストラン | トップページ | すだち農園の草刈り »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

bookmark

フォト