2017年9月18日 (月)

風台風

すだちの収穫の真っ盛り、台風が直撃しました。速度が速くあっという間に過ぎ去ったので大した被害はないだろうと我が農園に行ってみるとあちこちで風倒木が・・
途中の道沿いも自分ちの山も。
収穫作業の前にとりあえず道にかかった木をチェーンソーで応急処置!
台風による突風も凄まじかったんだろうけど、里山に大きくなりすぎた木が増えてきてるんだと思う。燃料革命以前は里山の木が再生可能な資源として利用されてたんだろうけど、今じゃほとんど手付かず。
何年か前から適当な大きさで伐採しようと努力しているけどブランクが長いから追いつかないよね(*_*)
山の所有者でそこまで考えている人ってほとんどいないと思う。これっていずれ問題になるよ。台風や大雪の度にライフラインや家屋に被害が出て大変だと思う。
とりあえず収穫が終わり一段落着いたらこけた木、片づけるとしますか。

1505745535047.jpg

1505745536259.jpg

2016年10月30日 (日)

「ゆこう」と「しいたけ」の収穫

すっかり秋めいて。
「ゆこう」というあまり知られていない柑橘類の収穫に行ってきた。
すだちと比べ生産量が少ないので、収穫は1日だけ。
あっという間に取り終えました。
S20161030_yukoh
ゆこうはポン酢にして鍋料理なんかによく合います。
ほとんど加工用に出荷されるので、玉でみることはほとんどありません。
だんだん気温が下がってきて鍋料理がおいしい季節。
きょうのゆこうを味わいます。
鍋の具といえばきのこ!
今年の3月に植菌したしいたけが初収穫。
次の春かな?と思っていただけにちょっとしたサプライズ。
しいたけは原木に振動などショックを与えると生えてきます。
ホダ場をイノシシが暴れまわっているのでそのおかげかも。
畑をあらずイノシシもたまにはいいこともするね
S20161030_siitake

2016年10月15日 (土)

秋の剣山・奥祖谷

快晴の休日となったので思い立って急きょドライブに出かけた。
日帰りコースとなる県内旅行。
西日本で2番目の高さを誇る剣山と祖谷地方を巡ることにした。
神山町、美馬市木屋平から剣山登山リフトのある見ノ越峠を目指した。
途中川合峠(神山町と美馬市の境付近)からの眺望が良かったので車を止めてみた。
剣山やその周辺の山々が朝日に照らされくっきりと見えた。
これからあそこまで行くのかって少し気が遠くなる感じ。
              (写真 川合峠から見た剣山頂上付近)Mt_tsurugiview_at_kawaitouge
 
車を再び走らせ1時間ちょい。見ノ越についた。
さすがに紅葉の季節、気候もちょうどよいためか剣山登山リフト駅がある見ノ越峠はすでに駐車場も満杯。
リフトに乗って西島駅へ。そこからは歩き。
頂上ヒュッテ付近でお弁当を食べた。
そこからの眺めがまた素晴らしい。
東を望むと今まで通ってきた神山、川合峠、木屋平が一望できる。
さらに奥には徳島平野、淡路島。
左を向くと香川県の坂出、瀬戸大橋まで見ることができた。
View_north_2 View_east_2
(写真左:坂出方面)       (写真右:徳島方面)
上を見ると高層に筋雲が。これも秋らしい。
Cloud_watch
お昼も回り下山。ナンゴクミネカエデの紅葉が始まっていた。
Kouyou
同じ道を帰るのはもったいない。せっかくお出かけしたのだから、と祖谷方面へと向かった。
祖谷地方といえば切り立った急斜面に集落が点在し、文化財級」の古民家が多く残っている景観や歴史、文化の素晴らしい地域だ。
観光地として有名な「祖谷のかずら橋」。こちらは西祖谷にある。
今回奥祖谷二重かずら橋を訪れた。遠いため、観光客は西祖谷のかずら橋より少ないが、人気が少ない分、趣はある。
野猿(ヤエン)というものや人を運ぶ索道にも乗ることができる。
Okuiyakazurabashi1_2
男橋から女橋を望む
Okuiyakazurabashi2_2 Okuiya_seiryu
 写真:奥祖谷かずら橋と祖谷川の清流
帰路。
祖谷渓は深くすでに薄暗くなってきた。
渓谷に立つ小便小僧。何度見ても足がすくむ。
Sp_20161015_172957

2016年10月 2日 (日)

シバ栗

西日本は残暑が厳しいけど、季節はとっくに秋。
農園に植えた栗の木が大きな実をたくさん落としてくれました。
この栗もとてもおいしいんだけど、わが農園には野山に自生している栗の木、シバ栗が生えている。
田舎では昔から親しまれてきた秋の食材だ。
これは実が小さ目なんだけど、味はとてもうまい!
今年は猿に盗られることもなく収穫が多かった。
調理はまだしていないけど、焼き栗?茹で栗?どうしよう。
Shibaguri
収穫後、近くの滝に立ち寄りました。
9月は雨が多かったので、滝の水量も勢いがありました。
明日からの仕事に備え、癒されてきました。
Jorogataki

2016年10月 1日 (土)

すだちの果汁を絞り切り

9月下旬に今年のすだちもすべて採り終えました。
出荷後、取りこぼしを拾い集めてみると、結構たまるもの。規格外が10キロほど。
今日はこれをビタミンジューサーで果汁を搾り取る!
Scutting
すだちは大量にあるので台所では手狭。縁側で作業しました。
半分にカットしたすだちをジューサーでつぶす。


Sjucer1   Sjucer2   Sjucer3


容器に移していきます。
Sjuce
手間はかかったけど2.5リットルくらいの果汁100%すだちジュースが取れました。
もちろん、そのまま飲むには酸っぱすぎ。
瓶詰して冷蔵保存。鍋料理、すし酢、薄めて炭酸割すだちジュース、酎ハイ割・・用途はいろいろ!

2016年9月 3日 (土)

すだちの収穫

9月になっても残暑が厳しいですね。
朝夕は少し涼しくなったと思いきや、台風の影響か蒸し暑い1日でした。
雨が降り出しそうな予報だったので、朝早めに家を出てすだち畑に収穫に。
曇りだけど湿度が高く、コンディションはよくない。
でもすだちはどんどん大きくなってきているので早く収穫をしないと。
今が旬で一番おいしいすだち。夕飯のおかずに一切れ添えてさわやかな気分になります。
Sp_20160903_074452

2016年8月19日 (金)

チップソーの比較

ホームセンターで2枚1組とかで売ってるやつ、安いからと言って使ってみると、すぐにチップがとんで(刃こぼれして)使い捨て。
試しに高いチップチップソーを使ってみた。(ツムラ製)接着面が大きくしっかりついているので少々石にぶつかっても大丈夫。結局こっち(高い方)が経済的?

写真は上がツムラのチップソー
中がそのアップ(チップがしっかりついている)
下が2枚1組で1000円程度のチップソー(すぎにチップがとれる)

チップソーの比較
チップソーの比較
チップソーの比較
PHAgZGlyPSJsdHIiPiYjMTI1MDc7JiMxMjU0MDsmIzEyNTEyOyYjMTI0NzU7

2016年8月15日 (月)

草刈に行ってきた

お盆だというのに、朝からポカリいっぱい買い込んで草刈に行った。
もうすぐすだちの収穫なので、早く残りを刈ってしまわないと。
昼頃、急に薄暗くなって雷が鳴り出した。
大粒の雨が1時間弱降ったけど、大した水不足解消にはならなかった。
バケツやじょうろで雨水をためました。
ほんま、もっと雨降ってよ!
Img_4572

2015年12月31日 (木)

バイオマスエネルギー

Simg_3805


すだち畑に隣接する雑木林です。
クヌギやカシがかなり大きくなってきたので、この秋に伐採しました。

もともと、ここらは里山林で、薪炭林として木材資源の循環利用がなされていたところ。
今は、需要が減ってこの林だけでなく、多くの里山林が手入れされずに荒れ放題になっています。
クヌギ林は10~15年で再生するので、適正に伐採してやれば資源をずっと得ることができるのです。
今は薪ストーブやペレットストーブが、環境にやさしく経済的にもメリットがあるとして注目されています。薪の需要も高まり、伐採したものはほとんど買い取ってくれるので、現金収入にもなりやりがいを感じています。
Simg_3802

↑これは薪の業者に買い取ってもらう予定。大きいのは直径30センチ以上もある。

ただ、日曜農林業の私は金儲けでやっているんじゃないので!休日にチェーンソーを持っていき木を伐り出し体力をつけ、昼休みはたき火で癒され、そして生産された木材はできるだけ自家用として使うのです。

Simg_3803_2

↑適寸のクヌギシイタケの榾木として利用。

Simg_3810 

カシは炭にしようかなと準備中。(わが家の暖は火鉢も活躍してる!)
炭焼きは数日間、窯から離れられないのでまとまった休みが取れない限り難しいので、実現するかどうかは微妙。

限られた休みしかないので、大みそかまで山仕事してきました。いい感じの疲労感がたまらない。今年も大きなけがや病気もなく一年を終えることができたことに感謝!

Simg_3798


大みそかも穏やかな晴天でした。

2015年7月19日 (日)

早朝草刈!

最近、本業(サラリーマン)の方が忙しくて。
中堅から少し上ってところだから当然なんだろうけど。
まあ、やりがいもある一方ストレスもたまるのも事実です。

もともと農業や林業といった自然の中での仕事が大好きで
それを本業としたいところだけど、のんびりやなのでそれを本業としていたら
たぶん、食っていけない。
やはり、趣味の延長程度に置いておくのがいいのかなと。

平日なかなか休めないほどだけど、週末は朝5時前に起きています。
平日より早起きだよ。
そして、わが農園に出向き、日が昇り切る前にひと仕事。
それは、草刈。

最近、草刈にはまっています。
掃除が好きな人がそれでストレス解消しているように
草刈でふだんの仕事のつかれをとっています。
刃の目立てをすれば、切れ味が良くなり、
機械の整備をすれば、エンジンの調子が良くなり、
自分の技術を磨けば、きれいに刈りあがる。

汗だくになるようなきつい仕事だけど、慣れてくると、
いや、はまってくると楽しくてしょうがない。

人の土地でも草ぼうぼうを見ると気持ち的には刈りたくなってくる。

朝もやが眉山にかかった早朝、
普段の通勤ラッシュからは想像もできない
静けさの環状線道路を通りながら山に向かう。
みんなが起きて朝ご飯を食べている頃、
ひと仕事を終えすがすがしい気持ちに浸る。
日の長い6~7月、たっぷり有効活用しています。

Img_2434_2


眉山に霧がかかっている。

«風倒木の処理

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

bookmark

フォト